2019/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

この間に色んな事があり、自分の中を通り過ぎて行きました。

別に凹んでるわけでもないし、センチメンタルになってる訳でも無いけど、
凄く沢山の感情が溢れ出しそうになっているので、
あえて一つずつのトピックに分けずに、
思うがままぐちゃぐちゃにして書きたいと思います。


自分達が日頃生きていく中で色んな問題が起こった時、
はたまた、何気ない日常の中で夢や目標が出来た時、
もしくは全く逆に何も無く空っぽに思えてしまう時。

そんな様々な場面において、受け止めて、最終的に決断し、
行動していくのは勿論当事者本人なのですが、
その過程にあって、何でも全て一人で出来る人なんて居ないと思っています。

普段は特に意識することは無いけれど、
何かあった時に、一緒に喜び、悩み、心配してくれたり、話をきいてくれたり、
アドバイスをくれたり、ただそばにいてくれたり、
頷いたり、怒ったり、笑ったり、飯を食い、酒を飲み

ただそれだけの事なのに

こいつらが居てくれて良かったなー

って、感謝してもしきれないぐらいの気持ちで一杯になる時があります。

人により傷つけられ、死のうかと思っても
人により励まされ、死にたくないと思える

人間て
不思議なもんですね。


あんまり言いたくないけど...
もの凄くベタやけど...

仲間っていいなー
って思うんです。



世の中には自分は孤独で、誰からも必要とされていない、
何の価値も無い
と思っている人も少なくないと思います。

俺も
孤独なんて当たり前
自分なんて居てもいなくても一緒
そう思います。

でも今、改めて感じます。

それを決めるのは
自分じゃない。

俺がそう思ったところで、
俺に相談してくれたり、
俺の歌を聞いてくれたりする人が、
嫌でもその考えを否定してくれる。

誰かと一緒に居れるなんて、
誰かから必要とされるなんて、
自分に価値があるなんて、

なんて恐れ多い。
なんて有難いことか。

そもそも、そんな事当たり前のように手に入るわけがない。

自分が
まず自分自身を愛せるように(結果として自分自身を好きになれなくても)向き合い
まず素直に相手を必要とし
まず自分から内面を曝け出して
人は誰かと繋がれるんでは無いかと。

諦めるのはいつでも出来る。
誰も居ないところに移り住んで、一から人生をリスタートする事も、
自己破産して全てを捨てて慎ましく生きていく事も、
最悪、死のうと思えばすぐにでも死ねる。

でも、今は二度と戻らないし、
自分の衝動や気持ちはどうやったって騙すことは出来ない。

それなら、もう少しやってみようじゃないかと。

まだまだ周りの人々には迷惑をかけてしまうかもしれないけれど、
せっかくここまで来たんやし、
もう少し付き合ってくれよmy homey


とグラタンを食べたい気持ちでこのブログを書いています。
できればシーフードのやつが良いです。
 

comment