2019/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

やっとこさ追いついた3日目。

墾丁から一路、台北を目指します。

人も街も良い意味でいい加減な南の街を後に、
再び左栄へ戻り、今度は新幹線に乗って、
台湾の南部から、一気にお馴染み台北へ。

見事に写真を撮り忘れていたけど、
駅構内は、かなり綺麗で近代的。

駅というより小さい空港みたいな雰囲気が漂っている。

車内も日本の新幹線に瓜二つ。

それもそのはず、台湾高速鉄道の車両、700Tは日本の700系をベースに作られているのだとか。

高速鉄道の最南の駅、左栄から
最北の駅、台北までは
2時間もかからんぐらい。

ひたすら田園風景が続く中を疾走するのは、在りし日の日本の景色を見ているような錯覚に陥る。

台北駅に到着後、タクシーに乗り台北で過ごす宿へ向かう。

タクシーで約10分程走った、路地裏にひっそりと佇むアパート街。



こちらが本日のお宿。


貧乏旅行の為、
極力コストを抑えよう
ということで、
台北で貸し部屋を借りてみました。

普通に人の家って感じですが、
基本的には一団体につき一部屋って感じで、想像以上に勝手が良い。





ホンマに普通の人の家って感じ。


先ほどのリビングの奥に本日の寝床。


共有部(前述したようにある程度の人数で行けば一部屋丸々借りれるので貸切状態)と
こちらの寝室、
冷蔵庫や洗濯機、お風呂もちゃんと付いて、

なんと...二泊約4,000円!!
安い。
俺の生活水準がバレてしまいそうやけど、
この安さは、関西人としては自慢せずにはいられない。

皆さんも海外旅行する時、
バックパッカーの様な旅をしたいって人や、
特に寝れれば場所なんて気にしない!!
と言う様な猛者は
是非こちらのサイト使ってみると良いよ。
世界中の人々が部屋を貸し出してます。

Airbnb


部屋に荷物を起き、
本日の目的の一つ、
火鍋をかっ喰らいに街へ飛び出します。

台北でかなり有名な火鍋のお店が、宿から徒歩5分ぐらいの所にあると知り、
早速向かうことに。

お店や火鍋については、
こちら

が詳しく載っているのでご参照を。



癖があるけど中々美味かった!!


その後は街をフラフラとしながら、
観光スポットの台北101をみたりしながら徘徊。


さて、台湾の夜は長い。


今から、もう一飲み出かけようかな。

今夜はどんな事が待ち受けているのだろう。


日本より深く、長い夜を求めて。

再見!!


comment