2019/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

さてもはやお馴染みの回顧録。

7月2日は大阪はBIG CATにて

オオキナヒカリノミナモト

に出演して参りました。

元々は神戸にあるライブハウスVARITで知り合った高垣さん(当時はブッキング担当)
が開催していた「ヒカリノミナモト」というイベント。

私、宮地もmemento森は勿論の事、様々なバンドで出演させて頂いた事があります。

そこから高垣さんの移動に伴い、
VARIT→2nd LINEと来て...
まさかのBIG CATでの開催。

故に"オオキナ"ヒカリノミナモトな訳です。

以前、企画バンド的な感じで出演させて頂いたことはあるものの、
ちゃんとした(?)形で出演させて頂くのは初めて。

しかし、デカバコは気持ちよかったです。

多くの方にも「大きいステージが似合ってた」と言って頂き、本当に嬉しかった。

というか自分自身が上を目指してやってる上で、
何気ないけれど、「大きなステージで観たい」って思ってもらえる事ってホンマに大事やなーと思うのです。
別に大きければ良いって事じゃないよ。

数多あるライブハウス、勿論大小様々にそれぞれのライブハウスの個性があります。

小さいライブハウスの良さもあれば、今回の様に凄く大きいライブハウスの良さもある。

会場は全く違うけれど、凄く雑に言ってしまえばどんなステージでも俺たちがやることは同じで、
演奏して、歌って、伝えてシェアするということ。

でもその中に自身の身を置いて続けていくということは、
やはり少しでも多くの人に観てもらえる、ということが必要だと考えています。

大きいステージで観たい

それは俺たちと観に来てくれたお客さんたちとの気持ちがリンクしているということ。
当たり前かもしれないけれど、その当たり前が一番大事で一番難しい。

絶対にまたBIG CATのステージに戻ってきます。



しかし、本当にイベントとして素晴らしい一日やったなー

新旧色んな顔が集まり、平日にも関わらず皆盛大に酔っぱらって、
ずっと笑顔が絶えなかった。

これも偏に高垣さんがここまで培ってきた繋がりと人徳の成せるモノだったと思います。

高垣さんとは改めて天満でベロベロに酔っぱらいたいと思います。

comment