2019/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

昨日は久しぶりのDJをしたり、昼飲みしたり、夜から別バンドのUST放送をしたりと、非常に充実した一日でした。





その反動からか本日は珍しく全く何も予定の無い一日で、
ダラダラしたり、読み残していた本を読んだり、諸連絡を取りつつ、歌詞書いたり、曲の歌考えたりとそれはそれでまた充実した一日でした。

沢山考えないといけないことはあるけれど、考えない時間を作らないと考えられない...という言い訳をしつつ、結局ほとんど何にも考えてません。

あるがまま。

沢山の夢や理想はあるけれど、そんな事は、それが叶ってから言おうと思うのです。

日々生活していて、
「くそー!!」とか「まだまだ!!」とか悔しい思いをすることは
誰にでもあるとは思います。

しかし、そう思ってるのは自分だけでは無く、日頃ヘラヘラしてるあいつも、まるで今にも死んでしまうんちゃうかと思うぐらい病み病みなあの子も、とても強く見えるあの人も、皆色々と悩みながら生きているんやなーと思うと、
俺は一概にその人達を否定出来ないのです。

それぞれに、悔しい思いをする対象であったり、度合いというのは皆違います。

それに向かい合う姿勢や、かける時間もそれぞれ違います。

でも、前述したように多かれ少なかれ皆悩みながら生きています。
そこは共通していると思うのです。

だから、たまたま自分がまだ20代で、両親が生きていて、仲間に恵まれているだけであって、状況によってはただ悩むだけで何も出来なくなってしまったりすることも多いにあり得ると思うのです。

だから全てを自分で勝ち取ろうとは全く思いません。

残念ながら俺はそんなマッチョな表現者ではありません。

でも、納得いってないことや、悔しく思う気持ちはあります。
それは果たして本当にハングリーといえるまでのものなのかは分かりませんが...

日々の生活で不安感や違和感が生じる時があって、でもそれに立ち向かわなどうしようも無いということは確かで、俺はそんな自分や身の回りの人達を奮い立たせたり、あるいは憂いを共有して少し楽になってもらったり、
時には観てスカッとしてもらい、時には大切なものを再確認してもらえる。
そんな強いものになるつもりでやっています。

だから自分の主観で自分の信念を貫く事も大事だけれど、それを周りに強要しようとは一切思わない。

俺の歌や活動に自分なりの意味はあるけれど、それは受け取ったり、関わってくれたりする人達の中で自由に解釈して頂きたい。
だから、合わないと思った人に無理矢理聴いてもらいたい、観てもらいたいとは一切思わない。

けれど、もしまだ自分達のことを知らないだけで、ひょっとしたら好きになってくれるかもしれない人達に知ってもらう機会はもっともっと増やしていきたいと思うのです。

自分なりのやり方で、自分なりのペースで。

飄々と何を言われても笑い飛ばしてキッチリと夢を実現していきたいと思うのです。

comment