2019/03

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

一昨日は待ちに待ったDAMBOとのWレコ発
「O-KINIの森」でした。



最初はDAMBOのイベントに誘ってもらい、そこから一緒に練り練りしながら辿り着いた一日。

一組目は
ドン・マルティネス

東京から駆けつけてくれたドンマル。
本当にこの人達はどこへ行っても同じ(良い意味で)。
開場前から、
「これ今東京でめっちゃ流行ってるんだよ!!」
と言いながらインスタント味噌汁を割り箸の先端につけて、ライターで炙った、謎の戦時中の駄菓子みたいなアテでビールを飲んで笑ってる。

まさにこの人達ほど人柄が音楽に滲み出ているバンドも中々いないんじゃ無いかと思う。
ゆるーく、酔っ払い、優しく、ファニーでファンキーで、それでいて時々ドキッとさせる何かを持ってる。

何にでも面白さを嗅ぎつけて、
「やっちゃおう」
でやっちゃう彼ら。

今回我々のイベントが彼らの嗅覚にひっかかり、やっちゃってもらえて本当に嬉しかった。


続いて、
チプルソ-傷だらけのB-BOY-

以前から活動範囲や知人が意外と近かったにも関わらず、
ちゃんと対バンしてからはまだそんなに間が無い。
故に一昨日、同い年やって分かった時はテンションがあがった。

自分がやってるのはバンドやけど本当にHIP HOPが好きで、HIP HOPに憧れている身としては、チプルソが出てくれると決まった時は本当に嬉しかったし、
何より「気合入れ直さな」と背筋が伸びる思いやった。
HIP HOPが最も輝く瞬間、
フリースタイル(即興でするラップ)
その最前線に居て
尚、ガットギターとMPCを用いて独自の方法論でRAPする彼は本当に唯一無二やと思う。


そして何より
DAMBO


以前からお互い存在を知ってはいたけれど、そこまでガッツリ絡む機会が無かった。
ライブハウス等で会う頻度が少し高くなって話すようになって…
何よりボーカルのアカネちゃんと一緒にステージに立った、
ピカヨンボ森の存在がデカい。
以前書いたもう解散してしまったthe Picaro
シンガーソングライターのカヨコ
そして、DAMBOのアカネちゃんと
俺のお祭りカルテット「ピカヨンボ森」
で一緒に歌った事の楽しさや
意外と音楽的趣味趣向が近かったりで
今まで以上に仲良くなれた。

そんなアカネちゃんに最初話をもらって、冒頭で書いたように計画を練って、コラボの音源を皆で考えたりと
本当にあっという間の一ヶ月とちょっとやった。

最後のセッションでステージに立った時の皆の笑顔が何より素晴らしい一日やったことを物語ってるね。


photo by Hiroshi Oshikata



いよいよ、音源を出して本格的に歩いて行きます。

8月は
3(日)神戸 SLOPE[兵庫]

9(土)神戸 RAT[兵庫]

11(月)高崎 SUNBURST[群馬]

14(木)薬院 UTERO[福岡]

20(水)幟町 CAVE-BE[広島]

21(木)表町 IMAGE[岡山]

24(日)神戸 Star Club[兵庫]

29(金)天王寺 Fireloop[大阪]

30(土)名古屋 TIGHT ROPE[愛知]



と沢山ライブをするので、
少しでも多くの新しい出会いがあると信じ猪突猛進してまいります!!!


待っとれよー!!!

comment