2019/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

もう慣れてきたでしょう...

そうです。全て俺の怠惰が悪いのです。
世界の罪を俺が背負う覚悟で筆を取って...否、キーボードをパチポチっております。

それでは
Let's rewinding!!

ブギュヌヌゥウゥゥウウゥゥワアァァアァアアアアアンヌッ!!

いよいよリリースツアー最終戦。

意外と友人も多い大好きな土地

Syachihoko CITY

NAGOYA

この日は交流の深いTIGHT ROPEにて我々のリリースツアーの冠をつけて頂き、
他の出演者の方々もお祝いムードで迎え入れてくれて本当に心温まる一日でした。

一発目の
ネボリリウム
お若いのに確かな技術と楽曲におけるフレーズセンスが光っている良いバンドやった。
何よりベースの子のノリ(人としての)が面白かった。

続いての
miiiia
こちらはベースとギターの二人組で、post rockやShoegazerを基調としてはいるけれど、
童謡の匂いがする穏やかな歌で小難しくなくスッと入ってくるメロディーが心地良かった。
リズムマシンのトラックを切り替える度にフロッピーディスクを入れ替えているのも
アナログ感があって好みでした。

そして
百長
これはビックリした。
最近のバンドに多い
"デカい音やパワフルなパフォーマンス、一撃でブチかます系"

"口ずさみやすいメロディーと歌詞の、リフレイン系"
とは全く真逆なダシの効いたバンド。
正直、観始めた時は「うううん...なんか普通やな」という感じだったのですが、
ライブが進むにつれて「うううん!!??」となり
最終的には「普通じゃない!!!!」となる...
良いバンドです。
言葉で表すのは凄く難しい。
派手に特異な事をやっている訳では無いんやけど、なんなんやろうか。
中毒性もあるし...
上手く言い表せない。
好みが分かれるとこもあるかもしれんが、
是非一度ライブを体験して頂きたい。

そして
ノムラセントラルステーション
これはビックリした。
最近のバンドに多い
"デカい音やパワフルなパフォーマンス、一撃でブチかます系"

"口ずさみやすいメロディーと歌詞の、リフレイン系"
どちらの要素もあるのに全く似て非なる無茶苦茶なバンド。
正直、観始めた時は「こいつらマトモじゃない」という感じだったのですが、
ライブが進むにつれて「こいつらマトモじゃない...」となり
最終的には「こいつらマトモじゃない!!!!」となる...
出落ちです。もう完全に出落ち。
なんですが終始彼らの悪ノリにニヤニヤさせられてしまう。
その時点で彼らの勝ちなんだと思います。


この日はやっと一段落という事もあり、ベロベロになるまで呑み。
気付けば記憶を無くし神戸に。

素晴らしいリリースツアーの締めくくりになったと思います。

名古屋...相変わらず恐ろしい街やで。

comment