2019/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

いよいよ山場を迎えようとしています。

放置に放置を重ね、
「もっ、もう怖くてブログの編集ページを開きたくない!!」
なんてダダをこねてこねてこね続け、
信じられない程のコシを持った饂飩の様な
さぬきブログへようこそ。

コシのある饂飩はまず噛まずに喉越しを楽しむんやで。

というわけで饂飩の話はそこまでにしておいて、
ここまで正気の沙汰で居れなくなるほど放置していた為、
逃げ出したかったのですが、これを書かずには終われない。

我々、memento森新体制での初音源『eS』のリリースツアーから、
本当に間もなく(最終日の名古屋の翌週)
敢行された

palitextdestroy

fifi

とのスプリットCD

『SORROW』

1300yen (tax in)

1, fool a loop / memento森
2, ビオレ / palitextdestroy
3, Changeless Song / fifi
4, the 京都2 / palitextdestroy
5, 0.02mm / memento森
6, 向日葵の種 / fifi

の発売に伴うスプリットツアー。

各バンドの各地元、名古屋、東京、神戸の三都市を廻るというものですが、
まず話は遡る事、
2014年2月1日
名古屋にてpalitextdestroy主催の
「鍋fes」
に出演させてもらったことに端を発します。

そこには勿論fifiも参加しており、たまたまステージ袖で
オッサン三人(私 宮地,palitextdestroy 河本氏,fifi 坪井氏)
が呑み散らかしながらgood musicに胸をキュンキュンさせ、
エモくなったオッサン達は目に涙を浮かべながら
女子高生の様に
「ヤバくね!?ヤバくね!?」
と抑えきれなくなった感情を曝け出し合っていました。
(その際、ライブをされていたのが名古屋のnothingman)
これが女子高生ならスタバの抹茶フラペチーノ等を片手にキャッキャ、ウフフと微笑ましい場面に見えるのでしょうが、
如何せんオッサン3人がビール片手にオイオイ、ウォンウォンと、相当物々しい雰囲気だった事でしょう。

そんな物々しい夜を経た我々は一度はそれぞれの帰路に着きます。

しかし、三つ子の魂百まで。
(3バンドである事とかけているので一見間違った用法を力技で使ってるように見えるけどワザとなんだからね!!)
元来エモーショナルな私たちは、その後各地を周りつつもあの夜の事を思い出していたのです。

そんな最中、ライブで名古屋に訪れていた我々の打ち上げに
palitextdestroyの河本氏と伊藤氏がひょっこりと現れ、実に興味深い事を話出しました。

「俺達(palitextdestroy)とmemento森とfifiで東名神の3か所でライブをしないか」
と言うのです。

私は鍋fesの時のあの気持ちも相まって「是非やりたい」と答えました。
やはり河本氏もあの日のエモーションが消えなかったようで、
これは素晴らしい夜になるぞ!!
と確信めいた気持ちを感じつつ、お酒がすすむ我々の惨憺たる結末を見ていた周りの人々からすると、
これは面倒な夜(主に打ち上げが...)になるぞ...と戦々恐々としたことでしょう。

その後fifiの代表である植谷氏を交えて密に連絡をとりつつ、
その中で、せっかくならツアーだけではなくスプリット音源も出さないか、
と実は音源の方が後から付いてきた形で始まり、
トントン拍子に話が進み今回の様なツアーになった訳であります。

前置きが長くなりました。

いや、というか

あえて前置きを長くしました。

前述した通り
私は非常に感情的な人間です。

故に今回の
神戸から始まり、東京を経て、名古屋にたどり着いた
我々の三日間は
冷静に書けない程素敵な3日間でした。

悪い意味で捉えて欲しくないのですが、
今回のスプリットツアーは3組にとっては通過点です。

長い長い果てのないゴールへの一つの通過点。

だけれども、その中で刹那的な3日間と、ずっと形として残り続ける音源を創りあげた事は
本当にこれから先のバンド活動の中で大切な経験になったと思っております。

自分達だけでは気付けない事を
palitextdestroyやfifiのライブを観て気付けた。
終わった後に一緒に呑んだり話したり、笑ったり、
共有する事によって楽しい気持ちがより膨らんだ。

勿論、それぞれのバンド運営等業務的な事もそれぞれの生活や悩みも、果てはバカ話も
沢山共有出来た3日間。

そして各地でそれぞれのバンドが代表となってお客さんにもその気持ちを届けれたのでは無いかと思っております。

この先もそれぞれ歩いていくけど、
あの3日間は俺にとっては
stand by me
のような3日間でした。

また、お会いしましょう
この先の道で。




ps.これを期にブログまた書いてくでー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

comment