2019/03

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

さていよいよライブの二日目。(早速何しに来たのか忘れかけてる)

起きてシャワーを浴びたら満場一致でご飯へ。
毎回、遠征時に実感していたけれど、自身を含めこのバンドの食い意地は眼を見張るものがある。



極力地元っぽいところに行こうということで、ゲストハウス近くの路地裏へと潜り込む。

台湾は本当に何処でも飯食える所があるのが素晴らしい。

この筋だけでも地元の飯屋的な場所が3〜4箇所程乱立している。



奥に見える水餃子がホッッッンマに美味かった。



写真を撮ろうとしてもすぐガッつく為にちゃんとした状態のものが撮れない。
永遠の育ち盛り。





お粥が薄味で食べやすい。
全体的にエグい味付けのものはほとんど無く、ついつい食べ過ぎてしまう。



謎のカツ的な何か。
これも美味しかった。

ご飯物大皿で2つ
おかず3〜4種類
水餃子3人前
汁物1つ

これだけ食べても1人400円もしない。
素晴らしい。

ご飯を食べ終わったら、飲みながら少しお昼寝。



今回のイベントだけなのか、それとも常にそうなのかは分からないけれど、
イベントのOpenが20:00
Startが20:30のリハ無しの為、
かなりの空き時間がある。

せっかくなので入りまで観光に出かけることに。

台湾中心部を走るMRTの端っこの方にある動物園駅まで行きそこから、
猫空(マオコン)へ。

猫空は山上に茶屋が沢山ある観光スポットで、
まさにアジアな空気と景色を、名産の鉄観音茶と共に楽しむ事が出来る。

本来は動物園駅のすぐ側にあるロープウェイで15分程、ジックリ時間をかけて景色を楽しみながら登っていくのだが、
なんとこの日は落雷の為運転停止...

諦めて帰ろうか、という空気が漂い始める。

しかし!!

ここまで来て(ゲストハウスの最寄り駅から40分以上かかった)引き下がる訳にはいかん!!

と奮い立ち、初めてバスで行く事に。

公共のバスというにはあまりにも...な(マイクロ)バスに揺られる事10分






こんなボロでもロープウェイより早いんかい!!!!!!


と、なりながらも到着。

途中明らかに停留所無いとこで人乗せてたけど、皆どういう基準で判別しているのか...


時間も迫ってきていたので、早速茶屋へ。



ロープウェイが止まっている事もあってか、入ったお店は貸切状態!!



ゆっくりとした時間が流れている。



結局行くまでに想像以上に時間がかかってしまったので、
お茶を嗜んだ後はすぐにゲストハウスに戻る事に。

時間の関係上帰りはタクシーで。

運転手に値段を聞いたら、
「300NT$!!」(NT$=ニュー台湾ドル、台湾の基本通貨で1NT$がおおよそ3.8円)

ん??

300て...
行きのバスが1人15やったはず...
単純に4かけても60...
5倍って!!

これはボッとる(ボッタクっている)!!

しかし、時間が無いので値段交渉もしとられんし...
渋々乗る事に。
まあ冷静に日本円に置き換えると安いんやけど、もう完全に金銭感覚が台湾基準になっている。

と、ここまで書いて気付いたが、また前置きが長くなっているのでここからはテンポ良く!!



ゲストハウスに戻りいよいよ会場へ。

本日の会場はRevolver Bar


暗いので分かりにくいが2階のライブフロア。

1階がバーで2階がライブスペースになっている。
海外でよくある「ライブ観るなら追加でお金払ってね」スタイルである。

しっかし、まあ此処のバー自体がめちゃくちゃ流行ってる。
欧米人の溜まり場みたいな感じになってて良いテンションが伝わってくる。


トイレでエビさんのフライヤー発見!!


アイニューの涼しいサウンドが亜熱帯の夜に心地良く溶けていく。

そしていよいよ次は自分達の番!!

まあ、結論から言いますと全てが初体験!!


海外の音周り(REVOLVERはその中でも結構いい方らしい...)の難しさ、
そしてmementoを結成して初めてベースの弦が切れるというトラブル、
しかも0.02mm(特にベースが前に出る曲)の序盤で!!

その結果は、本当に良かった!!

勿論、個々人、各プレイヤーとして、そういった逆境に悔しさはあったであろうが、
そんな逆境の中やからこそ、
久々に本物のアウェイで全力でぶつかる事が出来たのでは無いかと思う。

そんな空気が客席に伝わったのか、真ん中ぐらいの出番にもかかわらずアンコールまでして頂いて...
かなり時間がおしていたので流石に遠慮したが、機材片付け始めるまでずっと拍手が止まなかったのが本当に嬉しかった。
物販もめっちゃ買って頂いたし。

その後はお察しの通り飲みっぱなし。

こっちに来て仲良くなった
shuhari
のグルーヴが鬼の様でホンマに凄かった。
日本でもまたやりたいなー。


本当に本当に胸に残る一夜になりました。



残すところ野外フェス一本勝負。
かまし続ける!!!!


comment